きまじめチキン日記

株式会社十文字チキンカンパニー 代表取締役社長 十文字保雄

IMG_2109

 新型コロナウイルスの影響で、3月11日の予定だった経営計画発表会の日に同時開催している学卒者の入社式が流れて、昨日の高卒者入社式と一緒に開催しました。

 八幡平工場の新入社員が30名と多いために別途開催して、本社には中途採用の1名を含む19名が参加しての開催となりました。

 念の為にマスク着用での入社式は、この記念すべきスタートの日なのにお互いの表情を見れないというかなり残念なシチュエーションとなりましたが、記念撮影の際はさすがにマスクを外して顔をみれたのでちょっとホッとしましたし、その後届いた記念写真をまじまじ見てしまいました。

 さて、私からは教育家、山本昭之介さんの言葉を紹介させていただきました。

   人生つらいことを探せば、つらいことばかり。

   いやなことを探せば、いやなことばかり。

   うれしいことを探せば、うれしいことばかり。

   ありがたいことを探せば、ありがたいことばかり。

   人生はこの探し方で決まる。

 社会に出れば基本自由です。目的地の設定も、そこへの行き方も。ほぼ思った通りになります。視点の持ちようで、鏡のように返ってくるのが世の中です。みなさんがどこに目を向けるかです。‥などと話しました。

 話すときは、距離を取って、マスクは外して行いました。表情はほぼわかりませんでしたが、頷いている新入社員がいてくれて気持ちよく話せました。ありがたい!

IMG_20200401_102837

 当社も本日から新年度に入りました。

 社内報「こけろっこ」も発行日を迎え、私のコラムとして「70周年でも変わっていける!」のポップな見出しが目に飛び込んできました。

 そうです。新年度のスローガンが「70周年でも変わっていける!」です。昨年末、さほどあれこれ思い悩むことなくこの言葉が私の中から出てきました。

 その思いを写真の文章から感じていただければと思います。

 しかし、コロナショックが覆い尽くす新年度にもなりそうです。70周年のイベントはほとんど実施の目処が立ちません。東京オリンピックとともに次年度持ち越しになるかも。

 そういえば当社の創立30周年だって実は31年目だったんです。

 今回、委員会の組織化が遅れて慌てて企画を進めていたことは否めなかったので、かえって良いものができるかもしれませんね!?

IMG_20200331_113137

 今朝、臨時役員会を開いて、当面の間、全事業所原則来客の受け入れ禁止を決定しました。

 工場は例年であれば4月1日から、鳥インフルエンザの防疫期間明けでお客様を受け入れておりましたが、新型コロナウイルスの脅威により、既に5月10日に延期にしておりました。

 近隣で用がある方についても、よほどの必要性があることでなければ工場の建物に入らぬよう求めることにしました。

 また、本社につきましても、近隣の方であれお客様の訪問を制限することにしました。アポをお取りいただいていた皆様、誠に申し訳ございませんが、電話やネットツールを使っての会話に替えさせていただければと思います。

 もう既に来訪者数まばらの本社になっていますけどね。早朝の臨時役員会招集のLINEメッセージにも、役員はみな簡単に集まってくれました。

(写真:昨晩のNHKローカルニュースから)

IMG_20200330_161530

 初めての書き込みが15年前の3月30日だったみたいです。昨日までで3775記事をアップしてますので、ほぼ3日に2日のペースは変わらずですかね。

 今年に入ってから当社支援部内に新たに「広報採用課」を発足させ、SNSでの活動を始めておりますので、もうそろそろこのブログを閉めてしまってもいいかなと思っていますが、今年新型コロナウイルスで閉じこもっていることが増えたりするとやることがないので、当面は続けようかな(笑)。

 その広報採用課の3人が下記SNSサイトを担当しています。改めて紹介させていただきます。どうぞよろしくおねがいします。

 SNSの先輩としてあれこれLINEでアドバイスしてますが、自ら考えてやってくれることを期待してます。まだまだ硬い感じですが、そのうち花を咲かせてくれるでしょう!?

 十文字チキンカンパニー Instagram

 十文字チキンカンパニー Twitter 

 十文字チキンカンパニー Facebook

 十文字チキンカンパニー YouTube=引っ越し後

(写真:今日の昼食は会長が私の分まで用意してくれました)
 

IMG_20200328_114554

 日本KFC50周年誌を読んでたら無性に食べたくなって、一昨日友人にお願いしてオリジナルチキンと骨無しのセットで1500円のを確保して、昨日の朝・昼、今日の朝・昼・夜と食べました。

 いや、一食でもっと食べれると思ったのですが、年齢には勝てませんね。一食に1個でいい。大好きなので飽きませんけどね。ただ、これだけ続くとちょっと喉が渇きぎみだったかな。

 さて、昨日ネットで見てたら、「鶏むね肉を食べ続けたら、朝のだるさがなくなった」という記事がありました。イミダゾールジペプチドの効果のようです。

 「骨なしケンタッキー」はオリジナルのように骨がついてなくて、むね肉限定で正味のボリュームもあるし、元気がない人にはうってつけなんでしょうね。

P1020792

 大阪万博にテスト店舗を出してから50年だそうです。おめでとうございます。

 日本KFCホールディングさんから私の手元にも50周年誌が届きました。それが宝島社が制作したムック本の形になっていて、とても楽しく拝見しました。

 先月はテレビ東京「カンブリア宮殿」に近藤社長が出演していくつかの苦労話を披露しておりましたが、この50年間紆余曲折がありながらも、これだけ日本に根強いファンが定着しているブランドはなかなか無いですよね。

 私もファンの一人です。しかし、四半世紀前のころ、当社はオリジナルチキンの指定産地ではなくなってましたので、某商社さんがKFCの対抗馬としてアメリカの某チェーン店を日本に持ち込んだときはそちらに少し加担しました。でも「どう見てもKFCには勝てないでしょう!」と心の中では思ってました。実際すぐに撤退になりましたが。

 読んでて思ったのですが、それにしても日本オリジナルの、カーネル・サンダース等身大の立像は素晴らしいアイデアでした。

 この本で過去の経緯を見てますと、カーネル・サンダースは断腸の思いでKFCの経営権を第3者に譲るわけですが、その後あのクリーム色のスーツとあのネクタイの出で立ちでKFCチェーンの親善大使をつとめたとのこと。

 そして写真のように、初来日の際は飛行機から降り立つときにあの格好だったわけです。それ以外の写真を見てても、創業者として、アイコンになるべく服装を徹底していたように思えます。かなり昔なのに素晴らしいですね。

 数々のエピソードとラブに溢れた書籍で感心しました。原料は国産チキン100%でいてくれてて、改めて誇りに思います。
  

IMG_20200325_101446

 ユーザー車検なんてあまり考えたことなかったですが、先週の名義変更手続きで初めて岩手運輸支局を訪れた際に、「4月1日に迫っているロードスターの車検期限、自分でやってみるのも面白いかも!」と思いついて、ちょうど今日は全社休業日でしたので行ってきました。

 事前にやったことと言えば、ライト類が切れてないか確認しただけ。初年度登録から20年経過したクルマですが状態いいので、楽観視してました。乗ってる私はベテランドライバー。不具合には敏感なほうですから自分を信じて‥。

 また、直前に自動車税納税証明書を合同庁舎に発行してもらいに行ったり、自賠責保険の手続きを妻が社長をしている損保代理店に行ってやったり、ネットでの情報集めもほどほどで、用意周到という感じではなく当日を迎えました。

 ネットで予約した朝一番のグループの時間帯の締切の10分前、9:50に到着。書類を書いたり、印紙を購入したり(古い車なので4万円弱)で、いざ検査のラインに並びます(写真)。

 で、何事もなくパスできたかといえば、できなかった! 発煙筒の不備と左ライトの光軸検査で引っかかってしまいました。

 どうすればいいですか?と係の方に聞いたら「近くに店がいくつかあるから」ということで、外に出て近くを見回して、事前検査をやっている店に入って、発煙筒を購入して、光軸を調整してもらいました。車を降りずにあっという間でした。かかった費用は2000円弱。

 そして再び並び直して、検査合格。到着してから書類をもらうまで1時間40分で終了しました。スリルがあって面白かった。引っかからなければ1時間10分くらいだったんでしょうね。

 車好きならユーザー車検に一度は行くべきだと思いましたし、社会勉強のひとつとしてクルマ社会の裏側を簡単に学べるいい機会だったと思いました。

 ただ、車検を受けるのって、そのナンバーのを管轄する陸運支局でないといけないわけじゃないんですね。私なら、遠い盛岡でなくて、隣の県だけど近くの八戸運輸支局でもよかったみたい。うっかりしてました。

 ところで、車検受けるの何年ぶりか手元の資料で確認してみましたが、この前は2002年のNAロードスターみたいです。それ以降は車検通さず二十数台手放してたんですね。

 道理でユーザー車検が眼中になかったわけだ(笑)。

P1020754

 本社第1事務室(広いほう)に昨年、健康測定コーナーを設けました。

 血圧計、体組成計、ぶら下がり健康器が常備されています。骨密度測定器は結構高価なものですし、たまに測定すればいいものなので、1台だけ購入して事業所を巡回することになっています。

 このコーナー「女性的なもっと柔らかい感じの場にするように!」と担当に何度か言ったのですが、改善してこれくらいに。んー、まだまだ男臭いですね(笑)。

 新型コロナウイルス騒ぎになってから、本社に勤務する人も自宅での体温と、出社時の体温を記録することにしています。しかし寒い時期なので、朝の額で測る体温は低めに成ってしまいますね。

 お客様にも玄関で額の体温を測定してもらって記録いただいています。ご協力ありがとうございます。

IMG_20200315_152635

 3代目のBMW MINIを一昨年手放して、ちょっとだけ後悔してました。

 なんと新車時からサンルーフを開けると臭かった。いろいろ対策したし、ディーラーさんでも認識してグリースを塗り直したりしたのですが駄目。でも、バナーかなんかで焼いて臭いを消すことができたかもと最近思いつきました。それが駄目でもまだまだ考えられる方法はあったのではないか。

 しかし、手放すときから、程度の良いサンルーフ付きの初代を買ってみることはイメージしてたんですよね。

 デザイン的にはクラシックなMINIもすごいけど、私はこの初代BMW MINIが内装も外観も自動車デザインの金字塔だと思ってて、衝突安全性能のためにボンネットが厚くならざるを得ない今のクルマではなし得ないはずです。

 そして、ゴーカートフィーリングが色濃いのは初代との評判ですし、MINIらしく最も小さいのも初代。

 初代の中のオートマでは、クーパーSが通常のトルコンで信頼性があって、ワンとクーパーのCVTは故障が多いと専らの噂。でも、その分グンと安いし、初代の後期型は幾分かましだと判断し、2006年式のクーパーになりました。

 このモデルは限定車で「パークレーン」という高級仕立てになっていて、外板色も黒と紺の中間で、シルバーメッキも多め。私はイギリスに半年居たことがあるし、この仕立て方はイギリスっぽくて私にマッチするはず!?

 乗ってみると確かにCVTだからかギクシャクするんですが、そのじゃじゃ馬っぽさがなかなか好みです。小型軽量だから1.6リッターで十分力あります。ちょっと硬い乗り心地ですが、タイヤを2本昨日替えて少し良くなったかな。

 驚いたのは、サンルーフのシェードが網になってること。3代目はそうじゃなかったような。シェードしても陽に当たるので、帽子が必要。ちょうど家に最近被ってなかったハンチング帽子があったのでクルマに常備します。被ってても気取って被ってるんじゃないので、誤解なきよう‥。

(写真:先週日曜日に撮影したので足立ナンバーのままですが、今は岩手ナンバーです)

無題

 今年の経営計画発表会は動画大会になるはずでしたが、残念ながら新型コロナウイルス騒ぎで中止。

 しかし、各部署からの応募作品は完成しYouTubeに限定公開で登録され、参加予定者にはURLが配布されて観れるようになっています。

 そして、私もやっと14作品全て拝見しました。というか役員会のは自分で作ったので正味13作品で、うち1つは合弁相手の丸善食品工業さんに用意してもらったものです。ちなみに時間は1作品5分以内です。

 オーソドックスなものから、そのままYouTubeに載せられるんじゃないかと思える今風な出来のものまでいろいろあって面白かったですね。

 中には、実際ユーチューバーとして活動しているんじゃないかと思えるものもありました。ま、これだけ社員が多ければいるかも知れませんね。また、若い人たちが喜々として制作に取り組んだとすれば、いい企画だったのではないでしょうか。

 出来たものを実際YouTubeで公開していくのも良いかもしれませんし、工場見学前の動画として見せるのも、プロが作成したものよりこうして社員が手作りで作成したもののほうが、リアルな手応えがあって良いのじゃないかと思えます。

 これまではYouTubeを見る人が圧倒的に多くて作る人が少ない状況だったと思いますが、何でも動画で残しておくことが手軽にできる時代になったわけで、動画をアップすることがご飯を食べるくらい当たり前のことになってやっとバランスが取れるようになろうとしているかもしれませんね。

↑このページのトップヘ